読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

生活習慣は正しいのに「逆流性食道炎」に、ストレスが原因かもしれません

【健康】あれこれ

f:id:ykr58:20150917083029j:plain

逆流性食道炎とは、簡単に言うと「胃液が食道に逆流する」病気です。

症状は、一番多いのが胸焼け。

そして、げっぷ、背中のこわばり、喉の違和感、食欲不振などがあります。

これらは喫煙、暴飲暴食、加齢、太っている方、ストレスなど

生活習慣や食生活が原因になることが多いです。

 

最近、私の義母が急に不調を訴えるようになり「逆流性食道炎」と診断されました。

母は食生活もしっかりしていて暴飲暴食などは全くしませんし、喫煙もありません。

50代後半で更年期のような症状も重なっています。

食欲もない、気持ちが悪い、げっぷがとまらない。

何よりも、物をおいしく食べられないことがつらいと言います。

薬も飲んでいますが効果がみられません。

 

私は医者ではないのでハッキリ断言はできませんが、母の場合は

精神的なストレスが原因で逆流性食道炎になってしまったのではないかと思います。

※本やネットで調べたことを書き残しますので私の考えだと思ってご了承ください。

 

暴飲暴食や喫煙が原因の場合はすぐに薬の効果もでると思います。

母の性格は神経質で細かく、家のことや料理がしっかりとできないとストレスになる人です。

 

いつもしっかりとできていることができない、薬を飲んでも治らない、

どうして治らないのか、自分が情けない…と考えすぎてしまうところがあり、

それもストレスで悪循環にはまっているように感じます。

ストレスが主な原因の場合は薬よりも気分転換が大切だと思います

 

もっと楽に考えることができればいいと思うのですが、

こればっかりは性格なのでなかなか変えることは難しそうです。

私は嫁の立場なので、母も私に遠慮するところがあります。

やはりこういう時は実の娘がそばにいて話を聞いてあげたり、

ちょっと一緒に出掛けるのが一番いいのかなと思います。

 

嫁が今、義理の母にしてあげられることと行ったら

頻繁に子供(義母にとっては孫)を連れて行って気分転換させる、

話を聞いてあげるぐらいしかできませんが、

母の症状が軽くなって元気になってくれることを願います。

 

逆流性食道炎の大きな原因の一つにストレスがあることを知ってもらいたくて

記事にしてみました。

スポンサードリンク