好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように

ママが必ず通る道「幼稚園いつから行かせる?」

f:id:ykr58:20150918121411j:plain

もうすぐ来年度の幼稚園やこども園の入園願書受付が始まります。

子どもがいる家庭では必ず通る道「幼稚園いつから行かせる?」という問題。

今、いろいろと悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

私もすごく悩んだので、今日は我が家の場合を振り返って記事にしてみます。

 

我が家には学年でいうと3つ差で2人の男の子がいます。

私が専業主婦なので、保育園には入れないので選択肢はひとつ、幼稚園です。

 

長男(2009年度生まれ)の場合

長男は今年の春から公立の幼稚園に通っています。

私が住んでいるところは公立の幼稚園は年長の1年のみが多いです。

公立で2年保育の園もありますが、すごく数が少ないです。

実際うちの校区にある幼稚園も年長1年のみだったので、5才まで家で育てました。

 

気が短くイライラしがちな私がよく家で育てれたと思いますが、単なる慣れです。

開き直ったとでもいいましょうかね。

小さいうちはなるべく親と一緒にいるほうが心の成長にはいいかと思って。

 

年少から通わせるなら私立幼稚園

3年間通わせようと思ったら私立幼稚園になります。

でも私立幼稚園はやっぱり高い!

3年間通わせるとなると私も働かないとやっていけません。

当時次男はまだ0才。とても働ける状態ではありませんでした。

「一人も二人も同じだ!家で育てよう!」年少からの幼稚園は諦めました。

 

年中から私立幼稚園に入れる?本気で悩んだ

外が大好きで動きが激しくなってきた長男。

年中から2年間幼稚園に行かせるかとても悩みました。

私立幼稚園の月の保育料は約3万円。正直痛い。

(補助金で後から少し戻ってくるみたいですけどね)

でも保育料を稼ぐために、まだ1才の次男まで保育園に預けて働くのもなんか違う気がして、結局決断できなかったのです。

 

ただ、怖かったことがひとつあります。

年少から幼稚園に通っている子と、狭い世界で育てられた我が家の息子。

小さいうちから幼稚園に通っている子のほうがコミュニケーションとか絵を書くのとか上手なのかな?

いろいろと差ができちゃうのかな?ということ。1番悩んだのはココでした。

 

そのことを友達や親に相談、別ブログにも書いたのですが、「大丈夫だよ」と大半の方がいってくれました。それで心が落ち着いたように思います。

 

そのかわり・・・というのもアレですが。

月に3~4回、兄弟一緒に一時保育に通わせました。

ママが働いてない家庭でも月に5回まで保育園で一時預かりしてもらえる制度があったので。

少しの時間だったけど、いい刺激になったと思います。

 

年長1年間の保育を選んだ結果

もともと内気で大人しい子なんですが、5才で初めての集団生活に入りました。

先日も記事にしましたが、内弁慶だし新しい環境に慣れるまで時間がかかります。

うまく言葉にできなくて先に涙がでたり。人から注目されるのもとても苦手です。

入園からもうすぐ半年経ちますが、今だに行きたくないと言います。

(家にいたい、ママと弟と一緒にいたいそうです)

 

何かあるたびに夫と話すのは

「やっぱりもうちょっと早く幼稚園に通わせた方が良かったのかな?」という事。

息子の場合、幼稚園生活が1年間じゃ足りない気がします。

 

良かれと思って一緒に過ごした時間が、息子にはマイナスになってしまったのか?

年少から通ってたら、今頃もっと成長してたのかな?

過ぎた時間は戻せませんが、年長から幼稚園に入れた事をちょっと後悔しています。

 

次男は来年度から年少に

長男は4月から小学生に、次男は年少さんになります。

長男の頃は年少からの選択肢は私立幼稚園しかありませんでしたが、子育て制度で、今は「認定こども園」が急激に増えました。

次男は第2子なので保育料も半額。年少から、こども園への入園を考えています。

長男と次男、性格も全然違うので何ともいえませんが、次男には早めに集団生活に入ってもらおうと思っています。

 

とりあえず外の世界へ出よう!

今、迷っているママさん。とりあえず、入園説明会に行って話を聞いてみませんか?

背中を押してもらえるかもしれない。

もうちょっと家で育てようって思うかもしれない。

 

どちらにしても、園の雰囲気や教育方針を聞いてから迷ってみては?

私も来週、入園説明会に行ってくる予定です。

 

お読みいただきありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサードリンク