読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

【婦人之友家計簿】収入の予算を立てる

婦人之友社・羽仁もと子案家計簿

f:id:ykr58:20150818105327j:plain

婦人之友社の羽仁もと子案家計簿は予算を立てることが重要。

けれど、初めての年から予算を立てることは難しい。

費目が細かすぎて、全く予算の検討がつかないんですよ。

予算を立てるのは、とりあえず1年ほど継続できてからでもいいと思います。

 

でも。

支出の予算立ては難しいかもしれませんが、収入の予算は比較的簡単です。

 

収入の予算の立て方

収入とは、所得税、住民税、社会保険費などを差し引く前の金額をいいます。

給料明細でいうと、総支給額の部分です。

 

予算は・・・

・来年はこれくらいになると思われる1ヶ月の給与

・ボーナスを12等分した額

・その他収入がある場合は予算に入れて12等分した額

 

これらが月割りの収入予算になります。

ボーナスは控えめに見積もっておくことがポイントです。

 

例えば

月のお給料(総支給額)が30万円(年間360万円)

ボーナスは夏50万、冬50万(年間100万円)

児童手当が月1万円(年間12万円)

その他収入が月1万円(年間12万円)

 

全て足してみると1年間の収入は484万円

484万円を12ヶ月で割ると・・・約40万円

1ヶ月の収入予算は40万円と数字が出るわけです。

 

税金・社会保険費・貯蓄の予算の立て方

収入の予算が立ったら、次に税金・社会保険費、貯蓄の予算を立てます。

・税金は住民税、所得税、あと年に1回の車の税金も予算に入れておきます。

・社会保険費は健康保険、厚生年金、雇用保険など

 

税金、社会保険費はサラリーマンのご家庭なら給料明細に金額が載っていますから

それを参考にすればよいと思います。

この費目は年々金額が上がってきています。

節約しようがない、どうしようもないところです。

少しだけ多く予算に入れておいたほうがいいかもいれませんね。

 

貯蓄は・・・ご家庭で判断して、1万円とか3万円など無理のない範囲で。

とりあえず希望の額を書き込めばいいかと思います。

 

最初からあまりきっちりしなくても大丈夫ですよ。

家計簿に慣れることが大切~。

 

 

お読みいただきありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサードリンク