読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

もっと早く買えばよかった!金属製の湯たんぽでお布団ぬくぬく。

【暮らし】あれこれ

寒くてつらい冬。

でもエアコンや電気ストーブをつけていると乾燥するしお金はかかるし。

そんな時にオススメのあったかグッズが湯たんぽ

 

■私が初めて買ったのは「プラスチック製」

ドラックストアで500円ぐらいで売っていたものです。

お手頃な値段だけど奇抜なオレンジ色&オレンジのカバー。

使い方はやかんでお湯を沸かし湯たんぽに入れるだけ。

素材がプラスチックなので、お湯を入れても素手で持てます。

 

私は次の日の洗濯に湯たんぽのお湯を使うつもりだったのですが、

容器のにおいが水に移って臭くて使えませんでした。

その臭くなったお湯を再度やかんで沸かす気にはなれず、毎晩新しい水を使いました。

湯たんぽに入れる水道代、ガス代、手間を考えるとエコではないと感じました。

プラスチック製湯たんぽの出番はどんどん減り、処分に追い込まれました。

 

■ブロガーさんが紹介していた金属製の湯たんぽが気になった

プラスチック製湯たんぽに失敗し「湯たんぽはもういいや」と思っていました。

そんな時、私が尊敬するブロガーさんたちが偶然にも同じ湯たんぽをオススメしているではありませんか。

迷わず私も購入に至りました。

⇒<マルカ 湯たんぽA(空気調節弁付口金) 2.5L 袋付 【送料無料】

直火OK、IH電磁調理器も対応、あったかそうなカバーもついています。

f:id:ykr58:20160113080847j:plain f:id:ykr58:20160113080902j:plain

ガス代がかかるのはプラスチック製と同じですが、

直火ができるので一度水を入れれば何度でも沸かし直すことができます。

プラスチック製のように「やかんに水を入れて~沸かして~湯たんぽに入れて~」という手間がありません。

 

気をつけないといけないのはヤケド。直火にかけた湯たんぽはすごく熱いです。

これは自分で注意するしかありません。

あとは湯たんぽを火にかけるときは必ずキャップを外すこと

 

プラスチック製の湯たんぽとは比べものにならないほどいい商品だと感じました。

今では毎日寝る時は湯たんぽが欠かせません。

もし湯たんぽの種類で迷っている方がいれば私も金属製の湯たんぽをオススメします。

 

 

お読みいただきありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサードリンク