好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

子供がひらがなを覚えるようになったキッカケは?

あと3ヶ月で小学生になる我が家の長男、今月で6才になります。

記憶をたどれば・・・ひらがな練習帳を買って鉛筆を持たせたのが4才ぐらい。

やさしいひらがな1集 (もじ・ことば 3)

やさしいひらがな1集 (もじ・ことば 3)

 

くもんの練習帳は「く、つ、し」など簡単なものから始まり、最後に覚えるのが「わ、ふ、れ」 など。

出だしは良かったものの、字が難しくなるにつれやる気ダウン。途中で飽きたようです^^;

何よりも、まだ本人が字に興味がなかった。

 

幼稚園に入園し、びっくりしたのは字を読めるお友達が多かったこと。

名札を見て名前を把握していた。すごい!

我が息子はほとんど字が読めない。

だから名札を読むことができないので自力で顔と名前を覚えるしかなかった。

 

2学期になっても同じクラスのお友達の名前が分からないってことが多かったよう。

(もともと人の顔を覚えるのが苦手)

この時点でまだ字を覚える気がないように感じた。

ただ、数字には興味を出したようで読んだり書いたりができるようになった。

 

状況が変わったのが3学期。

親としても、小学校に入学するのにひらがなが全く書けなくて大丈夫なんだろうかと、かなり不安になっていた頃です。

 

始業式のあとにみんなでカルタ取りをしたそうです。

当たり前だけど取ることが出来ず

「ママー、1枚しか取れんかったー、悔しかった」と教えてくれた。

 

ここで息子に火がついた!

 

家にはカルタとトランプがあります。

数字とひらがなを覚えるには遊びながらがいいと思って買っていました。

 

「ママ、カルタの練習する!読んで!」

待ってましたー!やっとカルタの出番がきた!張り切ってカルタ取り。

やる気を出した息子、どんどん覚えます。すごい!

 

幼稚園で悔しい思いをしたのが良かったんでしょうね。

息子が一歩成長したと感じました。

 

今日は幼稚園で借りてきた絵本を開き、カタコトながら読んでいます^^

「字が読めるよ!楽しい!」

うれしいお言葉いただきました。ありがとう息子よ。

スポンサードリンク