読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

これだけはやっておきたい!ホウ酸団子でゴキブリ対策!

春になりました。この時期に「これだけはやっておきたい!」家事を紹介します。

ゴキブリ対策です。

 

桜が終わったぐらい、ポカポカと暖かくなったらホウ酸団子を作る時期。

これを作って置いておくと、その夏の遭遇率が確実に変わります。

できれば出会いたくないですよね。

※作り方は母が婦人会の集まりで何十年か前に教えてもらったものです。

 

ゴキブリ団子の材料

・ホウ酸 500g

・玉ねぎ 400g

・小麦粉 140g

・砂糖  大さじ2

・牛乳  大さじ1

 

家にないのは「ホウ酸」です。これはドラッグストアに売っています。

こういうのです。500gで500前後です。

ホウ酸 粉末 化学用 500g

ホウ酸 粉末 化学用 500g

 

 

作り方

1、玉ねぎはフードプロセッサーでドロドロに近いみじん切りにします。

  (フードプロセッサーがない場合は頑張って切ってください)

2、ビニール袋に材料を全部入れて混ぜます。 

f:id:ykr58:20170515092736j:plain

 

粉が舞わないように袋を揉んで混ぜ込みます。

f:id:ykr58:20170515092911j:plain

注意:ホウ酸が多少舞うし玉ねぎ臭いのでベランダや庭で作るといいですよ。

 

新聞紙1、2日分を広げます。

(ゴキブリ団子からの水分で新聞紙が結構濡れるので厚めに敷きます)

そして、適当に丸めて干していきます。

直径2センチぐらいの大きさで約100個です。

f:id:ykr58:20170515093200j:plain

スプーンを使えば手を汚さずに丸められます。

 

f:id:ykr58:20170515093317j:plain

このまま半日から1日干します。

そして新しい新聞紙に置き換えてもう1日ぐらい干します。

(新聞紙を変えずにずっと干すと新聞紙に張り付いてとれません。注意!)

 

団子が完全に乾いたら完成です。

干すのに2日~3日かかるので、週間天気予報を見て天気のいい日に作りましょう。

 

ゴキブリ団子の効果は?

手作りのゴキブリ団子の効果は一般的に3~6ヶ月らしいです。

我が家は毎年春に新しいものを置くので1年に1度しか交換しませんが・・・。

 

どのくらい効くのかというと、これは私の実体験ですが。

一人暮らしを始めて最初の夏、部屋にゴキブリが10匹以上出現しました。

次の年の春はゴキブリ団子を置いておいたら、その年の夏は1、2匹まで減りました。

 

我が家は毎年春に必ず置き換えるようにしています。

結果、夏にゴキブリ1匹見るか見ないか・・・ぐらい。

 

仮に遭遇したとしても、すでに団子を食べた後で、動きがにぶいです。

退治しなくても、勝手に死にます。


ゴキブリさん、出来れば見たくないですよね。

強く勧めます!ゴキブリ団子!

作るのが面倒な場合は市販のゴキブリ団子を置いてみては?

ホウ酸 ダンゴ

ホウ酸 ダンゴ

 
アース製薬 ブラックキャップ 12個入り

アース製薬 ブラックキャップ 12個入り

 

 

まとめ

手作りのゴキブリ団子「100個もいらないよ~」という方も多いと思いますが。

親、友達、職場などで分けてあげてください。すごく喜ばれますから^^

 

ただし!

赤ちゃんやペットなどが口に入れると大変危険です!

我が家にも小さい子供がいますが、絶対に手が届かないところだけに置いています。

ペットも間違って食べてしまうと大変ですから気をつけてください。

 

ちなみに、実家では2匹ほど猫を飼っていましたがどちらの猫も食べませんでした。

毒物であることが本能的に分かるのかもしれません。

※犬は飼ったことがないので分かりません。

自己責任になりますのでご家庭で判断してくださいね。

スポンサードリンク