読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

夫が見た三途の川

夫のこと・大動脈弁閉鎖不全症

夫が一生飲み続けなければならないワーファリンという血液をサラサラにするお薬。

毎月病院に通い、薬の効きを調節していたのにもかかわらず。

なぜか薬が効きすぎてしまい、結果、消化管出血という、最悪の副作用を起こしてしまいました。

今まで、外的なケガには気をつけていたのですが。

まさか体の中から出血するとは。

防ぎようがなかったれど、もう少し自分達に知識があればもっと早く対応できたはず。

勉強不足です。

タイミングが悪く、調子が悪くなったのが週末だったから無理して月曜を待ちました。

これが平日だったらもっと早く病院に行っていたのに。悔やんでも仕方ないけど。

 

もう少し遅かったら命の危険があった。そのくらいヤバイ状態だったんです。

血が足りず、体が真っ白でした。胃の中を焼いて止血。そして輸血。

輸血はリスクも大きいのでこわいけど、これも仕方なかった。

 

手術して始めての夜、容態は安定していましたが。

夫は夢を見たそうです。

 

4年前に亡くなった夫の祖父が夢に出てきた。

どこかの野原?か分からないけど、とにかく川が流れていたと。

 

すると、何も言わず川の向こうに歩いていく。

「じーちゃん、どこいきよんの!」と川を渡って追いかけようとした夫。

 

すると、うちの長男と同じぐらいの男の子が二人でてきて。

「ぼくたちが(じーちゃんを)追いかけるからこなくていい」と言う。

「いやいや、君たちには無理だよ」と思ったそうですが、男の子たちは川を渡って行ったそう。

 

こんな夢です。これが三途の川だったのかは分かりませんがね。

 

実は、私達夫婦には、長男が生まれる前に一度流産した子がいます。

生まれていれば、長男と同じ小学校1年生になります。

もしかしたら、助けてくれたのかな?(もう一人は分かりませんが)

 

そう思わずにはいれません。

流産したのは妊娠3ヶ月だったので性別は分かりませんが、男の子だったのかな。

スポンサードリンク