読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

心臓弁膜症と診断されたらまず読むべき本

夫のこと・大動脈弁閉鎖不全症

今まで、夫の病気のことをどこか軽く考えていたと思います。

私は基本ポディティブ人間「なんとかなるさ~大丈夫大丈夫」

という性格ですが、今回の消化管出血はさすがに落ち込みました。

手術から7年経ち、今さらですが夫の病気について勉強しようと本を読みました。

 

この本を読んで思ったことはただひとつ。

夫が「大動脈弁閉鎖不全症」と診断された時点で読むべきだった。

完全図解 よくわかる心臓弁膜症 (健康ライブラリー)

完全図解 よくわかる心臓弁膜症 (健康ライブラリー)

 

 

本も読まず、当時はインターネットもほとんどしていなかった、妊娠中だった。

言い訳をすればキリがないですが。

 

2009年10月に発覚した病気、手術をしたのは2ヶ月後の12月

そして長男が生まれたのが2010年1月です。

手術するレベルの悪さだったけど、本当はそこまで慌ててしなくても大丈夫だった。

あと数ヶ月で子どもが生まれる。

生まれたら子育てが忙しくて入院手術があると大変だから。

遅かれ早かれ受ける必要があるのなら

子供が生まれる前に手術をして元気になって通常の生活に戻ろう!

と、早めの手術に踏み切りました。

 

手術をして機械弁をつけたら、一生薬を飲み続ける必要があること。

出血のリスクがあるので、気をつけて生活することなど、説明は受けました。

けれど、ワーファリンのリスクが

これほど高いとは想像もしていなかった。

こういう事が分かっていたら、慌てて手術はしなかった。

あと数年は手術を遅らせることも可能だったんじゃないかと。

 

過去に戻れるわけれはないし、7年前はそれが最善だと思って判断したけれど。

後味が悪い。

 

ある日突然、健康診断で心臓に雑音があると言われたら、肥大があると言われたら。

まずは病院(循環器内科)に行ってください。

 

遅かれ早かれ心臓の手術が必要だと言われたら。

慌てて判断せず、病気のことを勉強してください。

今日明日命の危険が迫る病気ではありません。

 

手術をして機械弁をとりつけると、一生ワーファリンを飲み続ける必要があります。

あなたが想像しているよりもリスクは高いです。

機械弁ではなく「生体弁」という選択肢もあります。

ただ、夫のように20代や30代で手術をするときは、ほとんど機械弁となります。

(生体弁は何十年ももたないので再手術が必要です。そして、若いほど生体弁の劣化が早いそうです)

 

心臓弁膜症は今どんどん増えています。決して他人事ではありません。

知識として持っておいて損はないと思います。

スポンサードリンク