好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように。

我が家の通帳は9冊「通帳管理表」を作成して把握しています

我が家には通帳が9冊あります。インターネットの口座は持っていません。

今日は、この9冊をどうやって管理しているのか記事にしてみます。

 

①給料専用通帳(夫名義)

夫のお給料やボーナスが振り込まれたら全額おろしています。

残っているお金は夫のへそくりです。

sukini-kurasu.hateblo.jp

 

②やりくり用(夫名義)

水道光熱費や携帯料金、年払いの保険などが引き落とされます。

夫のメイン口座です。

 

③やりくり用(妻名義)

私のメイン口座。

楽天カード、インターネット、ウォーターサーバーの引き落とし口座です。

 

④家賃引き落とし専用

大家さん指定の銀行だったので新規で作りました。

他の銀行にすると毎月手数料がかかるのでもったいない。

引っ越しが決まれば解約する口座です。

 

⑤保育料引き落とし専用

同じく幼稚園指定の銀行だったので新規で作りました。

他の銀行にすると毎月手数料がかかるのでもったいない。

幼稚園を卒園したら解約する口座です。

 

⑥⑦貯金用(夫・私)

車の買い替えや老後資金用。

今は教育費をメインで貯めているため、ほとんど貯まっていない^^;

 

⑧⑨教育費貯金用(長男・次男)

その名の通り、子どもたちの大学資金を貯めている口座です。

 

改めて書いてみると多いけど、全部使っているし管理もできています。

②~⑤の通帳でやりくりし、⑥~⑨の通帳は貯金専用です。

(①の通帳のお金は夫のへそくりなのでカウントなし)

月に一度すべての通帳を記帳し、書き出す作業をしています。

 

やりくり用の通帳(②~⑤)の合計額がだいたい100万円になるように調整しています。

大型家電が壊れた時、冠婚葬祭などで急に県外に行く事になった時など、高額支出にいつでも対応できるように準備。

 

1年に1回、エクセルで一覧表を作ります。

f:id:ykr58:20170110115357p:plain

いつもこんなかんじで作っています。

2016年末の金額も書き出しておくと、1年が終わった時に比較しやすいです。

プリンターでジャーっと出して、家計簿にはさんでおきます。

私の性格上すぐ作り直すので、糊付けはNG。1年が終わってから~。

スポンサードリンク