好きに暮らす

平凡で幸せな日がずっとずっと続きますように

梅シロップ作り、第2弾

2017年版梅シロップ、第1弾は無事に出来上がりました!

sukini-kurasu.hateblo.jp

sukini-kurasu.hateblo.jp

 

今日は、梅シロップ作り第2弾です。

第1弾では4キロ分漬けましたが、さらに2キロ追加することになりました。

実家の母から、梅の貰い手が見つからず余ってもったいない、との連絡が。

せっかくなのでもらいました^^;

 

梅シロップ作りは毎年楽しみにしていることのひとつなので、

1年で飲み切れる量を作るのが理想です。

今年の梅シロップは6キロ分。果たして飲み切れるのか。

 

第2弾の梅シロップは作り方を変えました。

きび砂糖が底に沈殿して固まってしまうのを防ぐため、砂糖を4日に分けて入れました。

ここからは実験結果です。

 

1日目:瓶に梅2キロを入れて、きび砂糖500g入れる

f:id:ykr58:20170602144816j:plain

きび砂糖がサラッサラなので、ほぼ下に落ちました。

このまま1日待ちます。

 

2日目:きび砂糖500g追加

f:id:ykr58:20170602145010j:plain

1日目に入れた砂糖は下に沈んであまり溶けていません。

2日目の分500gを追加したところです。(合計1キロ分)

 

3日目:きび砂糖500g追加

f:id:ykr58:20170602145128j:plain

1日何回も瓶をまわしても底に沈んだ砂糖は溶けません。

3日目の分500gを追加したところです。(合計1.5キロ分)

 

4日目:きび砂糖500g追加、これで規定量が入りました

f:id:ykr58:20170602145311j:plain

梅2キロに対して、きび砂糖2キロ分が入りました。

 

とりあえずできた!

f:id:ykr58:20170602145420j:plain

一気に入れるより、4日に分けて砂糖を入れたほうが溶けるのが早いです。

これから底に沈んだ砂糖を溶かしていきます。

ネットで検索すると「瓶をひっくり返して置いておくと砂糖が落ちて溶ける」との情報を見つけましたが、瓶が新品でない限り、とっても危険ですね。

ひっくり返した瞬間からポタポタと液が出ました^^;

いつも通り、長い菜箸でガリガリつついて溶かします。

この方法だと、1日1回ペースで3日目ぐらいにはすべての砂糖が溶けます。

 

第1弾のシロップは早速解禁!

炭酸水で割っていただきました。くぅ~夏がきた~~~~~!!!

さ、炭酸水、箱買いしようっと。 

 

お読みいただきありがとうございます

またのお越しをお待ちしております♡

スポンサードリンク